生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
SEIKAGAKU: Journal of Japanese Biochemical Society 87(1): 75-81 (2015)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2015.870075

特集「核‒細胞質間分子輸送システム:基本分子メカニズムの理解とその応用」Special Review

mRNA核外輸送複合体の形成機構Formation and nuclear export of messenger ribonucleoprotein complexes

1大阪大学大学院生命機能研究科細胞ネットワーク講座Biomolecular Networks Laboratories, Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University ◇ 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-31-3 Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 565-0871, Japan

2大阪大学大学院医学系研究科生化学講座Department of Biochemistry, Graduate School of Medicine, Osaka University ◇ 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-31-3 Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 565-0871, Japan

発行日:2015年2月25日Published: February 25, 2015
HTMLPDFEPUB3

メッセンジャーRNA(mRNA)の核外輸送は,真核生物の遺伝子発現における必須のプロセスである.mRNAは,特異的な核外輸送受容体により,核膜孔を介して細胞質へ輸送される.mRNA核外輸送受容体は,転写やプロセシング反応に伴ってmRNAに結合するアダプタータンパク質群とのタンパク質–タンパク質相互作用を介して,“積み荷”であるmRNAを認識する.そのため,mRNAの核外輸送は,核内におけるmRNAの成熟過程とも緊密に共役する.成熟過程と共役したmRNA核外輸送機構は,機能的なmRNAのみを細胞質の翻訳装置に供給し,遺伝子発現の正確性を保証する分子機構の一つとしても重要である.本稿では,mRNA核外輸送の分子機構,中でも,転写やプロセシング過程と共役したmRNA核外輸送複合体形成機構について,現在までの知見を紹介する.

This page was created on 2014-12-12T19:51:32.126+09:00
This page was last modified on 2015-02-20T15:56:54.62+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。