生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
SEIKAGAKU: Journal of Japanese Biochemical Society 87(1): 34-40 (2015)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2015.870034

特集「核‒細胞質間分子輸送システム:基本分子メカニズムの理解とその応用」Special Review

高等植物の生存戦略を担う核–細胞質間分子輸送システムNucleocytoplasmic transport systems in higher plants

京都大学大学院理学研究科生物科学専攻植物学教室Department of Botany, Division of Biological Science, Graduate School of Science, Kyoto University ◇ 〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町Kita-Shirakawa Oiwake-cho, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 606-8502, Japan

発行日:2015年2月25日Published: February 25, 2015
HTMLPDFEPUB3

核–細胞質間輸送は進化的に高度に保存されたシステムであるが,最近になって植物独自の役割を担っていることがわかってきた.単なる日々の細胞活動の支えだけでなく,植物個体の高次な生存戦略の基軸になっている.モデル植物であるシロイヌナズナを主に用いて,輸送因子群の同定と突然変異体の解析が複数のグループによって精力的に行われている.本稿では,最初に植物における核膜孔の構成成分と輸送受容体を動物や酵母のそれらと比較しながら紹介する.その後,最近の分子遺伝学的解析によって得られた知見から,これら因子が植物の多岐にわたる成長生理にどのような役割を果たしているかを紹介する.

This page was created on 2014-12-25T14:10:16.551+09:00
This page was last modified on 2015-02-19T17:49:03.589+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。