生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
SEIKAGAKU: Journal of Japanese Biochemical Society 87(1): 41-48 (2015)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2015.870041

特集「核‒細胞質間分子輸送システム:基本分子メカニズムの理解とその応用」Special Review

CRM1核外輸送複合体の形成と解体の構造基盤の解明と創薬への応用Structural basis for assembly and disassembly of the CRM1 nuclear export complex and its application to drug development

1名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻Division of Biological Science, Graduate School of Science, Nagoya University ◇ 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi 464-8602, Japan

2名古屋大学大学院理学研究科附属構造生物学研究センターStructural Biology Research Center, Graduate School of Science, Nagoya University ◇ 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi 464-8602, Japan

発行日:2015年2月25日Published: February 25, 2015
HTMLPDFEPUB3

CRM1はロイシンリッチ核外輸送シグナルを持つ多様なタンパク質やRNA-タンパク質複合体を核から細胞質に運び出す核外輸送受容体であり,がんなどの疾患とも関連が深い.本稿では,核内の輸送因子がCRM1への積み荷高分子積載反応を促進する仕組みや,細胞質の輸送因子がCRM1からの積み荷の荷下ろし反応を促進する仕組みに関する構造生物学的研究の最近の進展について紹介する.さらに,CRM1を標的とした創薬の現状についても紹介する.

This page was created on 2014-12-25T14:28:26.799+09:00
This page was last modified on 2015-02-20T13:14:10.40+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。