生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
SEIKAGAKU: Journal of Japanese Biochemical Society 87(1): 49-55 (2015)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2015.870049

特集「核‒細胞質間分子輸送システム:基本分子メカニズムの理解とその応用」Special Review

プロテオミクスで明らかになった核膜孔複合体の翻訳後修飾による機能制御Proteomic analyses reveal regulation of the nuclear pore complex by post-translational modifications

徳島大学藤井節郎記念医科学センター細胞情報学分野Division of Cell Signaling, Fujii Memorial Institute of Medical Sciences, Tokushima University ◇ 〒770-8503 徳島県徳島市蔵本町3丁目18番地153-18-15 Kuramoto-cho, Tokushima-shi, Tokushima 770-8503, Japan

発行日:2015年2月25日Published: February 25, 2015
HTMLPDFEPUB3

核と細胞質の間の分子の移動において,唯一の通り道である核膜孔複合体は,約30種類のヌクレオポリンと呼ばれる構成因子が集合した超分子構造体である.プロテオミクスやイメージングの技術が著しく進展したことにより,核膜孔複合体の構成と翻訳後修飾に関してさまざまな知見が得られるようになった.すなわち多数のヌクレオポリンがグリコシル化,リン酸化,ユビキチン化,SUMO化などの多種・多重な翻訳後修飾を受けていることが明らかになった.これらの修飾によってヌクレオポリンの集合,局在,安定性,輸送運搬体との相互作用などが制御され,核–細胞質間輸送システムやほかの細胞機能が調節されていると考えられる.

This page was created on 2014-12-18T15:47:38.838+09:00
This page was last modified on 2015-02-20T13:49:37.745+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。