生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
SEIKAGAKU: Journal of Japanese Biochemical Society 87(1): 91-100 (2015)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2015.870091

総説Review

Ras-PI3Kシグナルによるエンドサイトーシスとウイルス粒子取り込みの制御機構The Ras-PI3K signaling is involved in the regulation of endocytosis and virus internalization

北海道大学大学院医学研究科細胞生理学分野Department of Cell Physiology, Graduate School of Medicine, Hokkaido University ◇ 〒060-8638 北海道札幌市北区北15条西7丁目Kita 15, Nishi 7, Kita-ku, Sapporo-shi, Hokkaido 060-8638, Japan

発行日:2015年2月25日Published: February 25, 2015
HTMLPDFEPUB3

低分子量Gタンパク質Rasは標的因子群を巧妙に使い分けることで多彩な機能を発揮する.この使い分けには「いつ,どこで」活性化するかという時空間的制御が重要である.Rasは細胞膜のみに局在すると考えられてきたが,細胞膜以外の細胞小器官(オルガネラ)膜にも局在し,かつそれぞれの局在部位での活性は特異的な機構によって制御されていることがわかってきた.また,下流因子の活性化にも細胞小器官特異性があり,たとえばエンドソームではPI3KのみがRasにより活性化される.エンドソームから発信されるRas-PI3Kシグナルはエンドサイトーシスを促進し,インフルエンザウイルス等の外来因子取り込みに関与する.インフルエンザウイルスは宿主細胞に効率的に取り込まれるために,細胞内Ca2+濃度上昇を介してRas-PI3Kシグナルをはじめとした複数のエンドサイトーシス関連シグナルを活性化する.

This page was created on 2014-12-12T20:25:49.177+09:00
This page was last modified on 2015-02-20T17:10:27.990+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。