生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 87(3): 298-307 (2015)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2015.870298

特集「タンパク質・酵素の隠された機能について,探索とその技術」Special Review

セリンパルミトイル転移酵素の反応制御機構変異酵素の副反応から明らかになった立体化学的反応制御Mechanistic enzymology of serine palmitoyltransferase: Stereochemical reaction control revealed by the side reaction of mutant enzymes

大阪医科大学医学部医学科生命科学講座生化学教室Department of Biochemistry, Division of Medicine, Faculty of Medicine, Osaka Medical College ◇ 〒569-8686 大阪府高槻市大学町2番7号2-7 Daigaku-machi, Takatsuki-shi, Osaka 569-8686, Japan

発行日:2015年6月25日Published: June 25, 2015
HTMLPDFEPUB3

酵素は各々に特有のタンパク質構造が機能することで化学反応を精密に制御しており,通常の条件下では抑制されている副反応が検出されることはほとんどない.酵素機能において触媒活性発現と副反応抑制は「車の両輪」であり,両機構の解明は酵素反応制御を真に理解する上で不可欠である.さらに,酵素反応は律速段階のみで制御されるのではない.残存活性の確認にとどまる部位特異的変異解析では,「変異による活性消失が認められないことから触媒性残基ではない」とされ,非律速段階を制御するアミノ酸残基の役割を見いだすことは難しい.スフィンゴ脂質生合成の初発酵素であるセリンパルミトイル転移酵素において,変異型酵素でようやく表に現れた副反応を反応速度論的に詳細に解析することで,副反応抑制と特異的反応進行がたった一つのヒスチジン残基によって達成されていることが明らかとなった.

This page was created on 2015-04-30T14:48:19.798+09:00
This page was last modified on 2015-06-18T15:34:10.710+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。