生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 87(5): 517-524 (2015)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2015.870517

特集Special Review

カルシニューリンの新たな制御機構と医療・創薬への応用RNA顆粒によるカルシニューリンの空間的制御Spatial regulation of calcineurin by RNA granules

近畿大学薬学部分子医療・ゲノム創薬学研究室Laboratory of Molecular Pharmacogenomics, Faculty of Pharmacy, Kinki University ◇ 〒577-8502 大阪府東大阪市小若江三丁目4番1号Kowakae 3-4-1, Higashi-Osaka-shi, Osaka 577-8502, Japan

発行日:2015年10月25日Published: October 25, 2015
HTMLPDFEPUB3

Ca2+/カルモジュリン依存性に活性化されるタンパク質脱リン酸化酵素であるカルシニューリンは,免疫抑制薬FK506の標的分子として臨床的にもきわめて重要なホスファターゼである.カルシニューリンは,免疫,心肥大,血管新生,記憶など多様な生命現象や,その異常が引き起こす各種病態に関わることから,カルシニューリンシグナルの制御機構の解明,さらにはカルシニューリンシグナルを制御できる薬物の創製は,疾患治療という観点からもきわめて重要である.本稿では,我々の酵母遺伝学とケミカルゲノミクス研究から明らかになった“RNA顆粒”を介するカルシニューリンの空間的制御メカニズムを紹介する.RNA顆粒は,従来考えられていたような「RNAの運命決定装置」としての役割に加え,「ストレス応答やシグナル制御の拠点」としての機能や神経変性疾患やがんなどの病態への関わりが注目を集めている.本稿では,RNA顆粒とカルシニューリンシグナル制御の関わり,その疾患治療への応用の可能性について紹介する.

This page was created on 2015-08-27T18:13:58.347+09:00
This page was last modified on 2015-10-19T11:27:57.189+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。