生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 87(5): 573-581 (2015)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2015.870573

総説Review

ES/iPS細胞からの内胚葉組織形成ES/iPS cells-derived definitive endodermal tissue

1国立研究開発法人日本医療研究開発機構臨床研究・治験基盤事業部規制科学・臨床研究支援室Office of Regulatory Science and Clinical Research Support, Department of Clinical Research and Trials, Japan Agency for Medical Research and Development ◇ 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル20階Yomiuri Shimbun Building 20F, Otemachi 1-7-1, Chiyoda-ku, Tokyo 100-0004, Japan

2国立医薬品食品衛生研究所薬理部Division of Pharmacology, National Institute of Health Sciences (NIHS), Japan ◇ 〒158-8501 東京都世田谷区上用賀一丁目18番1号Kami-Yoga 1-18-1, Setagaya-ku, Tokyo 158-8501, Japan

3東京工業大学大学院生命理工学研究科Graduate School of Bioscience and Biotechnology, Tokyo Institute of Technology ◇ 〒226-8501 神奈川県横浜市緑区長津田町4259番地Nagatsuta-cho 4259, Midori-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 226-8501, Japan

発行日:2015年10月25日Published: October 25, 2015
HTMLPDFEPUB3

embryonic stem(ES)/induced pluripotent stem(iPS)細胞は無限の自己増殖能と多分化能を有する多能性幹細胞である.これらの多能性幹細胞から特定の細胞を作製し,再生医療や創薬研究などに応用する研究が盛んに行われている.胚性内胚葉は主に呼吸器や消化器の元となる細胞である.これまでは主に多能性幹細胞から胚性内胚葉由来の膵上皮や肝上皮細胞を作製する研究が行われていたが,近年では,肺上皮,胸腺上皮,胃上皮や腸管上皮を作製する研究も精力的に行われてきている.本稿ではヒト多能性幹細胞を用いた胚性内胚葉組織形成についての最近の研究成果について概説する.

This page was created on 2015-08-27T14:29:07.332+09:00
This page was last modified on 2015-10-19T18:07:33.646+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。