生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(1): 44-53 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880044

特集Special Review

次世代シークエンサーを活用した全ゲノム解析によるイネ育種Rice breeding based on whole genome sequencing using next-generation sequencer

1公益財団法人岩手生物工学研究センターIwate Biotechnology Research Center ◇ 〒024–0003 岩手県北上市成田22–174–4 ◇  
22–174–4, Narita, Kitakami, Iwate 024–0003, Japan

2神戸大学自然科学系先端融合研究環Kobe University ◇ 〒657–0013 兵庫県神戸市灘区六甲台町1–1 ◇ 1–1, Rokkodai, Nada, Kobe, Hyogo 657–0013, Japan

3理化学研究所統合生命医科学研究センター統計解析研究チームRIKEN Center for Integrative Medical Sciences ◇ 〒230–0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1–7–22 ◇ 1–7–22 Suehiro-cho, Tsurumi-ku, Yokohama, Kanagawa 230-0045, Japan

4沖縄県農業研究センターOkinawa Agricultural Research Center ◇ 〒901–0336 沖縄県糸満市字真壁820 ◇ 820, Makabe, Itoman, Okinawa 901–0336, Japan

5信州大学ヒト環境科学研究支援センター遺伝子実験部門Shinshu University ◇ 〒386–8567 長野県上田市常田3–15–1 ◇ 3–15–1 Tokida, Ueda, Nagano 386–8567, Japan

発行日:2016年2月25日Published: February 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

日本の食料供給基地東北地方の農業を振興する目的で,優良な水稲品種が求められている.(公財)岩手生物工学研究センターでは,岩手県の水稲育種を促進する目的で,大規模水稲有用遺伝子資源の作出育成と,ゲノム情報を活用した有用遺伝子単離技術の開発を進めてきた.現在までに,東北主力品種「ひとめぼれ」の突然変異系統12,000系統を作出し,交配系統3,000系統を育成した.さらに,次世代シークエンサーを用いた全ゲノム解析により有用遺伝子領域を迅速に同定する手法として,MutMap法とQTL-seq法を開発した.これらの遺伝子資源と全ゲノム解析技術を活用してゲノム育種を推進し,4有用遺伝子を集積した「岩手117号」,耐塩性系統「Kaijin」などの有用水稲品種の育成に成功した.

This page was created on 2016-01-06T14:10:10.57+09:00
This page was last modified on 2016-02-18T13:48:58.146+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。