生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(1): 78-85 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880078

総説Review

低分子量Gタンパク質Arf6の個体における多彩な生理機能Versatile in vivo functions of the small GTPase Arf6

筑波大学医学医療系・人間総合科学研究科・生理化学教室Department of Physiological Chemistry, Faculty of Medicine and Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba ◇ 〒305–8575 茨城県つくば市天王台1–1–1 ◇ 1–1–1 Tennodai, Tsukuba 305–8575, Japan

発行日:2016年2月25日Published: February 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

Arf6は,シグナル伝達系において分子スイッチとして機能する低分子量Gタンパク質の一つであり,その生理機能が明らかになりつつある.これまでに細胞レベルでのArf6の機能に関する解析が精力的に展開されており,Arf6は細胞膜タンパク質のエンドサイトーシスやリサイクリング,細胞遊走などのアクチン細胞骨格の再構築を介した細胞膜ダイナミクスに伴う多岐にわたる細胞現象に関与することが知られている.それに加えて,近年,Arf6遺伝子改変マウスの作出やArf6シグナル伝達系阻害剤の開発によって,個体レベルでのArf6の生理機能も徐々に明らかになりつつある.本稿では,多様な生理機能を担うArf6のシグナル伝達系を概説し,我々のArf6遺伝子ノックアウトマウスを用いた最新の知見を含めて,近年明らかとなってきたArf6の個体レベルでの生理機能を紹介したい.

This page was created on 2015-12-22T20:38:33.822+09:00
This page was last modified on 2016-02-18T13:52:16.46+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。