生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(2): 192-197 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880192

総説Review

植物の生体防御機構における一酸化窒素の機能Role of Nitric Oxide in Plant Defense System

名古屋大学大学院生命農学研究科生物機構・機能科学専攻Division of Bioresource Functions, Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University ◇ 〒464–8601 愛知県名古屋市千種区不老町 ◇ Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya, 464–8601, Japan

発行日:2016年4月25日Published: April 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

一酸化窒素(NO)は反応性に富むラジカル分子であり,生理的および病理的な諸過程を制御する細胞内・細胞間情報伝達系因子として働くことが広く知られている.植物では,病原体の攻撃という過酷なストレスに対しても,NOが機能していることが知られている.植物は病原体の攻撃を受けると,能動的な細胞死を起こして病原体を封じ込め,感染行動を阻止する過敏感細胞死を起こす.この細胞死を伴った一連の抵抗反応発現に至る過程で,NOは抵抗反応の誘導・増幅シグナルとして働いている.また,NOは活性酸素と協調して,細胞内代謝を制御し,抵抗反応を発現することが明らかとなってきた.本稿では,植物の病原体防御機構におけるNOの機能について概説する.

This page was created on 2016-03-08T17:06:25.747+09:00
This page was last modified on 2016-04-14T16:24:01.156+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。