生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(3): 308-313 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880308

特集Special Review

転写後調節と代謝Post-transcriptional regulation and metabolism

北海道大学大学院医学研究科生化学講座分子生物学分野Department of Molecular Biology, Hokkaido University Graduate School of Medicine ◇ 〒060–8638 北海道札幌市北区北15条西7丁目 ◇ N15W7 Kita-ku, Sapporo, Hokkaido 060–8638 Japan

発行日:2016年6月25日Published: June 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

解糖系を含めた種々の代謝経路の活性変化が,がん化の「原因」としても寄与しうることが次第に明らかにされており,これまで見過ごされてきた代謝と細胞の機能・運命との深い連関は,がんのみならずさまざまな研究分野で注目されている.本稿では,他稿で詳述されている「代謝によるエピジェネティックな転写制御」以降に起こる,「代謝による遺伝子発現の転写後調節」について概説する.最も代表的な転写後調節であるRNAのプロセシングや翻訳の制御に関する昨今の知見に加えて,タンパク質の発現および活性の制御と密接に関与する「輸送および分解の制御」における代謝の重要性についても,筆者自身の最近の研究結果を交えながら議論したい.

This page was created on 2016-05-02T16:26:32.92+09:00
This page was last modified on 2016-06-17T14:37:10.751+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。