生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(3): 314-321 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880314

特集Special Review

ヒストンH3K36脱メチル化酵素FBXL10による造血幹細胞でのエネルギー代謝亢進と白血病発症Metabolic activation by a histone H3 lysine 36 demethylase, Fbxl10 in leukemogenesis

広島大学原爆放射線医科学研究所疾患モデル解析研究分野Department of Disease Model, Research Institute for Radiation Biology and Medicine, Hiroshima University ◇ 〒734–8553 広島県広島市南区霞1–2–3 ◇ 1–2–3 Kasumi, Minami-ku, Hiroshima 734–8553, Japan

発行日:2016年6月25日Published: June 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

近年,ヒストン修飾やDNAメチル化など,いわゆるエピジェネティックな変化が,造血機構の維持・調節に重要な役割を果たしていることが明らかになりつつある.FBXL10(F-box and leucine-rich repeat protein 10)はヒストンH3の36番目のジメチル化リシンをモノメチル化するヒストン脱メチル化酵素として同定された.我々は,FBXL10による造血制御を解析する目的で,造血幹細胞(hematopoietic stem cell:HSC)においてFbxl10を高発現するトランスジェニックマウス(Fbxl10 Tg)を作製した.Fbxl10 Tgマウスは全例が白血病を発症し,HSCの解析で酸化的リン酸化経路の活性化およびATPの産生亢進が認められた.本稿ではFbxl10の脱制御による細胞内エネルギー代謝異常,白血病発症に関する知見を紹介する.

This page was created on 2016-05-02T16:32:46.971+09:00
This page was last modified on 2016-06-17T14:38:12.954+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。