生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(3): 322-327 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880322

特集Special Review

ALKBHファミリーによるRNAメチル化制御とエピジェネティクス効果Regulation of RNA methylation and epigeneticis effects by the ALKBH family

大阪大学薬学研究科細胞生理学分野Laboratory of Molecular and Cellular Physiology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University ◇ 〒565–0871 大阪府吹田市山田丘1–6 ◇ 1–6 Yamadaoka, Suita, Osaka 565–0871, Japan

発行日:2016年6月25日Published: June 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

エピジェネティクスはDNAの塩基配列の変化を伴わない後天的な遺伝子発現制御を対象とする研究分野であり,DNAやヒストンの化学修飾に関するDNAエピジェネティクスに関しては多くの知見が蓄積されてきている.一方,RNAにおいても種々の修飾がなされていることは以前から知られていた.しかし,一部を除いて多くのRNA修飾に関して,その詳細な存在状態,制御機構や生物学的意義は十分解決されていなかった.最近,RNA塩基の脱メチル化を制御する分子としてAlkBホモログ(ABH, ALKBH)ファミリー分子が同定され,さらにN6-メチルアデニンの制御分子機構や生物学的意義の研究が進展し,RNAエピジェネティクスという新たな学問領域において大きな展開がなされてきた.またALKBHファミリー分子の多義にわたる機能も明らかになってきた.

This page was created on 2016-05-02T16:41:35.378+09:00
This page was last modified on 2016-06-17T14:39:30.250+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。