生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(4): 452-464 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880452

総説Review

高分子量タンパク質の動態に迫るNMR技術の開発Recent advances in NMR methods for determining the structures and dynamics of larger proteins

1名古屋大学大学院学理学研究科付属構造生物学研究センターStructural Biology Research Center, Graduate School of Science, Nagoya University ◇ 〒464–8601 愛知県名古屋市千種区不老町 ◇ Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464-8602, Japan

2熊本大学大学院生命科学研究部構造生命イメージング分野Kumamoto University ◇  ◇ 

3首都大学東京大学院理工学研究科Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Metropolitan University ◇ 〒192–0397 東京都八王子市南大沢1–1 ◇ 1–1 Minami-ohsawa, Hachioji, Tokyo 192–0397, Japan

発行日:2016年8月25日Published: August 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

タンパク質構造生物学において,NMR法に期待される主要な役割は単なる立体構造決定から,より幅広い時間領域にまたがる構造動態の解明へと展開しつつある.その中で,これまでもタンパク質NMR研究の発展に深く関わってきた安定同位体標識技術のさらなる高度化に寄せる期待はますます大きくなっている.我々は,長年にわたり生体高分子のNMR解析技術の高度化を視野に入れ安定同位体標識技術開発に取り組んできた.SAIL(stereo-array isotope labeling:立体整列同位体標識)法はその成果のいわば集大成である.本稿では,SAIL法をさらに発展させることにより初めて実現する高分子量タンパク質の多様な構造情報の取得,および大きな振幅を持つタンパク質動態の検出手法に関して紹介する.

This page was created on 2016-06-28T11:26:29.656+09:00
This page was last modified on 2016-08-18T13:29:40.77+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。