生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(4): 476-483 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880476

総説Review

自然免疫系Toll様受容体の構造生物学的研究Structural studies of Toll-like receptors in innate immunity

東京大学大学院薬学系研究科Graduate School of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo ◇ 〒113–0033 東京都文京区本郷7–3–1 ◇ Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113–0033, Japan

発行日:2016年8月25日Published: August 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

Toll様受容体(Toll-like receptor:TLR)は病原体センサーとして自然免疫において中心的な役割を果たす.構造生物学的な研究により,TLRによる病原体に由来するリガンドの認識とシグナル伝達の機構が明らかになってきた.その結果,リガンド認識はそれぞれのTLRにおいて多様な機構で行われるのに対して,シグナル伝達は共通した機構により行われることが明らかにされてきた.本稿では,近年蓄積されてきた構造生物学的な情報を基にTLRによるリガンド認識とシグナル伝達の機構について紹介したい.

This page was created on 2016-07-04T17:08:25.084+09:00
This page was last modified on 2016-08-18T13:32:58.594+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。