生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(5): 557-562 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880557

特集Special Review

B型肝炎ウイルスとAPOBECファミリーHepatitis B virus and APOBEC family

金沢大学医薬保健学総合研究域医学系分子遺伝学Department of Molecular Genetics, Kanazawa University, Graduate School of Medical Science ◇ 〒920–8640 石川県金沢市宝町13番地1 ◇ 13–1 Takara-machi, Kanazawa, Ishikawa 920–8640, Japan

発行日:2016年10月25日Published: October 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

APOBEC3がHIV-1の逆転写のいずれかのプロセスに作用し抗ウイルス活性を示すことが報告されて以来,APOBECタンパク質が新しいタイプの抗ウイルス因子として脚光を浴びることとなった.逆転写を必要とするウイルスで忘れがちなウイルスとしてB型肝炎ウイルス(HBV)がある. APOBEC3のHIV-1への抗ウイルス活性が報告されてまもなく,HBVもやはりAPOBECタンパク質の抗ウイルス活性の標的になることが報告された. HIV-1への抗ウイルス作用と類似するところも多々あるが,HBVは肝細胞特異的感染症であり,感染細胞の核にウイルスエピソームDNAを形成するなど,HBVにユニークな点もある.本稿ではAPOBECタンパク質の抗HBV活性および病態形成との関連を概説する.

This page was created on 2016-08-19T16:33:35.631+09:00
This page was last modified on 2016-10-14T12:00:11.857+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。