生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(5): 576-581 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880576

特集Special Review

APOBEC3と病態:APOBEC3によるゲノム変異と発がんAPOBEC3B-induced mutagenesis in cancers

京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学Department of Hematology/Oncology, Graduate School of Medicine, Kyoto University ◇ 〒606–8507 京都市左京区聖護院川原町54 ◇ 54 Shogoin-kawaharacho, Sakyo-ku, Kyoto 606–8507, Japan

発行日:2016年10月25日Published: October 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

APOBEC3は,一本鎖DNAを基質とするシチジン脱アミノ化酵素群である.近年の網羅的ゲノム解析は,がんゲノムのなかにKataegisと呼ばれる特徴的な変異パターンを明らかにした.本変異パターンは,当初,乳がん,子宮頸がん,膀胱がん,肺腺がん,肺扁平上皮がん,頭頸部がんといった一部のがんで特徴的とされたが,その後の解析でより多くのがんで認められることが判明した.しかしながら,APOBEC3によるゲノム変異導入の分子機構の詳細や,これらAPOBEC3によって導入された変異(APOBEC3 signature)が,発がんの原因であるのかあるいはがんのクローン進化に影響を及ぼすのかといった根本命題はいまだ未解決であり,今後の検討が必要であろう.

This page was created on 2016-08-19T17:12:38.578+09:00
This page was last modified on 2016-10-14T13:03:19.233+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。