生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(5): 593-599 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880593

特集Special Review

疾患におけるA-to-I RNA編集酵素ADAR1の役割Pathophysiological role of A-to-I RNA editing enzyme ADAR1 in human diseases

島根大学医学部微生物学講座Department of Microbiology, Shimane University Faculty of Medicine ◇ 〒693–8501 島根県出雲市塩冶町89–1 ◇ 89–1 Enya, Izumo, Shimane 693–8501, Japan

発行日:2016年10月25日Published: October 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

DNAから転写されたRNAは,100種類を超えるさまざまな修飾を受けている.これらRNA修飾は,RNAの機能および発現量にさまざまな影響を与え,RNAに多様性を生み出している.RNA修飾の一つ,二本鎖RNAのアデノシンをイノシンへと変換するA-to-I RNA編集は,当初神経細胞のmRNAに生じるまれな現象であると思われていたが,microRNA前駆体に変異を挿入することが明らかとなり,大きな注目を集めている.さらに次世代シーケンス技術の登場により多くの基質が同定され,免疫疾患やがんなどさまざまな疾患に関わることが明らかとなってきた.本稿では,A-to-I RNA編集酵素ADAR1の歴史的経緯から,ヒトの疾患に関連した最新の知見を紹介する.

This page was created on 2016-08-31T09:19:59.854+09:00
This page was last modified on 2016-10-14T13:06:46.406+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。