生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(5): 609-614 (2015)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880609

特集Special Review

植物オルガネラのRNA編集とDYWドメインDYW domain and RNA editing in plant organelles

ウルム大学分子植物学University Ulm, Molecular Botany ◇ Albert-Einstein-Allee11, D-89069 Ulm, Germany ◇ Albert-Einstein-Allee11, D-89069 Ulm, Germany

発行日:2016年10月25日Published: October 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

植物ではオルガネラmRNA上のC-to-UおよびU-to-C RNA編集が知られている.これまでに単離された個々のRNA編集サイト特異的な因子は配列特異的なRNA結合タンパク質PPR(pentatricopeptide repeat)タンパク質であり,その約半数がC末端側にDYWドメインというシチジンデアミナーゼ(cytidine deaminase:CDA)モチーフ様配列を保持している.このドメインはHXE(x)nCXXCの保存されたZnイオン結合モチーフを持ち,CDAとして機能するようにみえるがその酵素活性は証明されていない.最近それ以外のRNA編集因子が次々と報告され,これらの因子がDYWドメインを持つPPRタンパク質と複雑に相互作用することが明らかになってきた.これは植物オルガネラでも他の生物のRNA編集と同様,RNA編集タンパク質複合体(エディトソーム)が存在することを示唆している.

This page was created on 2016-08-30T16:33:40.174+09:00
This page was last modified on 2016-10-14T13:09:41.142+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。