生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 88(5): 621-629 (2016)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2016.880621

総説Review

生後発達期の小脳におけるシナプス刈り込みのメカニズムMechanisms of synapse pruning in the developing cerebellum

東京大学大学院医学系研究科神経生理学分野Department of Neurophysiology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo ◇ 〒113–0033 東京都文京区本郷7–3–1 医学部教育研究棟6階 ◇ 7–3–1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113–0033, Japan

発行日:2016年10月25日Published: October 25, 2016
HTMLPDFEPUB3

生後発達期の神経系において,出生直後にいったん過剰にシナプスが形成された後,環境や経験に依存して必要なシナプスは強められて残り,不要なシナプスは除去されることが知られている.この現象は「シナプス刈り込み」と呼ばれており,機能的でむだの少ない神経回路を作るための基本的過程であると考えられている.本稿では,シナプス刈り込みの代表的なモデルである小脳の登上線維–プルキンエ細胞シナプスの生後発達について概説するとともに,最近の研究成果を紹介する.

This page was created on 2016-09-07T11:06:35.162+09:00
This page was last modified on 2016-10-14T11:55:35.680+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。