生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 89(1): 21-30 (2017)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890021

特集Special Review

細胞膜透過ペプチドの神経系への応用The application of cell penetrating peptides to the nervous systems

琉球大学大学院医学研究科分子・細胞生理学講座Department of Molecular and Cellular Physiology, Graduate School of Medicine, University of the Ryukyus ◇ 沖縄県中頭郡西原町字上原207 ◇ 207 Uehara, Nishihara-cho, Nakagami-gun, Okinawa

発行日:2017年2月25日Published: February 25, 2017
HTMLPDFEPUB3

特定の分子を標的に行われる分子標的治療は副作用が少なく高い効果が得られるため,がんや自己免疫疾患などへの新たな治療法として近年注目を集めている.しかし治療の標的となる細胞のみに必要な効果をもたらすことは非常に難しく,この細胞選択性の向上が分子標的治療の発展には不可欠である.脳腫瘍や脳梗塞,アルツハイマー病などの神経系で起こる疾患に分子標的治療が大きな効果をもたらすであろうことは想像にかたくないが,神経細胞は分子を細胞内に導入することが他の細胞に比べ難しく,さらに中枢神経系においては血液脳関門が治療用分子を送達する際の障壁となっているため,効果的な治療を困難なものとしている.本稿ではこれらの問題に対し,近年行われている細胞膜透過ペプチドを用いた神経系への治療戦略の開発について筆者らの試みも交えながら紹介する.

This page was created on 2016-12-27T09:43:41.656+09:00
This page was last modified on 2017-02-17T18:18:29.403+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。