生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 89(1): 39-43 (2017)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890039

特集Special Review

ペプチドリガンドを搭載したドラッグデリバリーシステム(DDS)の創製Development of targetable drug delivery systems with peptide ligands

東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所Laboratory for Chemistry and Life Science, Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology ◇ 横浜市緑区長津田町4259, R1-11 ◇ R1-11, 4259 Nagatsuta, Midori-ku, Yokohama 226–8503, Japan

発行日:2017年2月25日Published: February 25, 2017
HTMLPDFEPUB3

近年のペプチド設計技術の飛躍的な進歩によってさまざまな機能性ペプチドが開発され,画期的な診断・治療薬を創出するためのキーテクノロジーとして期待されている.なかでもペプチドリガンドを導入したナノDDSの開発は,受動的ターゲティング型のナノDDSでは十分な集積が期待できない臓器・組織への薬剤送達や細胞内で機能発現するオリゴ核酸やタンパク質の細胞内送達においてきわめて重要となる.本稿では,具体的なペプチドリガンドとして,広く研究され,悪性脳腫瘍に対する治療薬として承認されている環状RGDペプチドを例にあげ,環状RGDペプチド搭載高分子ミセル型ナノDDSによる悪性脳腫瘍への抗がん剤送達と細胞内へのオリゴ核酸送達の研究結果を中心に,ペプチドリガンドの効果を紹介する.

This page was created on 2016-12-27T10:02:02.536+09:00
This page was last modified on 2017-02-17T18:20:56.907+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。