生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 89(3): 377-383 (2017)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890377

特集Special Review

胎生期の血管リンパ管分離と成体の血管統合性維持を担う血小板活性化受容体,CLEC-2Platelets regulate blood/lymphatic vessel separation during development and vascular integrity in adults through the platelet activation receptor CLEC-2

山梨大学大学院総合研究部医学域臨床検査医学Department of Clinical and Laboratory Medicine, Faculty of Medicine, University of Yamanashi ◇ 山梨県中央市下河東1110 ◇ 1110 Shimokato, Chuo, Yamanashi, 409–3898 Japan

発行日:2017年6月25日Published: June 25, 2017
HTMLPDFEPUB3

血小板は血栓止血だけでなく,血小板活性化受容体C-type lectin-like receptor(CLEC-2)を介して膜タンパク質ポドプラニンと結合し,リンパ管の発生や血管統合性維持などの多彩な役割を担う.リンパ管は胎生期に静脈の一部がリンパ管内皮に分化し,血管から分離して発生する.このときリンパ管内皮のポドプラニンと血小板のCLEC-2の結合により,血小板が活性化することがリンパ管血管の分離を促進する.また,神経上皮のポドプラニンとの結合は,周皮細胞の脳血管被覆を促進するなど,正常な脳血管発生に必要である.成体では,リンパ節内の高内皮静脈周囲の細網細胞のポドプラニンと結合することでその統合性を保ち,出血のないリンパ球の遊出が可能となる.さらに,炎症時の透過性が亢進した毛細血管からの出血も防ぐ.

This page was created on 2017-04-27T09:09:44.567+09:00
This page was last modified on 2017-06-19T11:47:03.696+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。