生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 89(3): 441-444 (2017)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890441

みにれびゅうMini Review

転写装置によるクロマチン構造制御Regulation of Chromatin structure by transcription machinery

北海道大学理学研究院化学部門Department of Chemistry, Faculty of Science, Hokkaido University ◇ 〒060–0810 札幌市北区北10条西8丁目 ◇ N10 W8, Kitaku, Sapporo, Hokkaido 060–0810, Japan

発行日:2017年6月25日Published: June 25, 2017
HTMLPDFEPUB3

クロマチン構造はエピジェネティックな遺伝子機能の制御の基盤となる.最近,クロマチン構造を規定するヒストン修飾は転写装置を介して転写と共役して起こることが明らかになってきた.そこで,特にRNAポリメラーゼIIを中心にその分子機構を解説する.

This page was created on 2017-04-28T11:15:51.083+09:00
This page was last modified on 2017-06-19T11:59:38.419+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。