生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 89(4): 498-507 (2017)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890498

総説Review

植物のプロテオグリカン,アラビノガラクタン-プロテインの構造と機能Structure and functions of arabinogalactan-proteins, a family of plant proteoglycans

埼玉大学大学院理工学研究科生命科学部門Division of Life Science, Graduate School of Science and Engineering, Saitama University ◇ 〒338–8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ◇ 255 Shimo-okubo, Sakura-ku, Saitama 338–8570, Japan

発行日:2017年8月25日Published: August 25, 2017
HTMLPDFEPUB3

アラビノガラクタン-プロテイン(AGP)は植物組織に普遍的に分布しているプロテオグリカンで,主に細胞壁(細胞外マトリックス)に局在している.AGPは一般的にはヒドロキシプロリン(Hyp)に富むコアタンパク質に,ガラクトース(Gal)とL-アラビノース(L-Ara)に富むアラビノガラクタン(AG)糖鎖が結合している.コアタンパク質の種類も多く,糖鎖の構造も複雑で多様性に富んでいる.我々はAG糖鎖を特異的に分解する酵素群を見いだし,糖鎖構造解析と機能解析に適用してきた.一方で,糖鎖を合成する各種糖転移酵素の研究も進んでいる.AGPは植物の分化・成長に関わる多彩な生理機能を持つ情報因子として注目されており,糖鎖構造と生理機能の相関性についての研究も進展しつつある.

This page was created on 2017-07-07T18:18:53.109+09:00
This page was last modified on 2017-08-18T09:14:51.206+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。