生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 89(4): 515-524 (2017)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890515

総説Review

M期における染色体構築のメカニズムHow chromosomes are reorganized in mitosis

公益財団法人がん研究会・がん研究所・実験病理部Division of Experimental Patholoogy Cancer Institute of the Japanese Foundation for Cancer Research (JFCR) ◇ 〒135–8550 東京都江東区有明3–8–31 ◇ 3–8–31 Ariake, Koto-ku, Tokyo 135–8550

発行日:2017年8月25日Published: August 25, 2017
HTMLPDFEPUB3

細胞分裂に際してゲノムDNAを安定に継承することは,生命維持の基本である.真核生物では,細胞は分裂に先立って核構造の大変換を遂げ,高度に凝縮した「M期染色体」を形づくる.その際にDNA分子がどのような機序や規則で折りたたまれるのか,は生物学の大きな謎の一つである.近年,「コンデンシン」という進化上高度に保存されたタンパク質複合体の発見とその研究によって,この染色体の構築原理という難問が氷解しつつある.本稿では,これまでに蓄積されたコンデンシンの機能と制御についての知見をまとめ,染色体構築を最新の解析技法などにより刷新された視点から概観し,さらにはコンデンシンとヒト疾患との関連性を考察する.

This page was created on 2017-07-13T14:38:07.987+09:00
This page was last modified on 2017-08-18T09:18:25.476+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。