生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 89(5): 673-680 (2017)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890673

特集Special Review

糖転移酵素と多発性硬化症Glycosyltransferase and multiple sclerosis

近畿大学医学部神経内科Department of Neurology, Kindai University School of Medicine Ohno-Higashi ◇ 〒589–8511 大阪府大阪狭山市大野東377–2 ◇ Osaka-Sayama, Osaka 589–8511, Japan

発行日:2017年10月25日Published: October 25, 2017
HTMLPDFEPUB3

多発性硬化症(MS)は中枢神経に炎症性脱髄疾患を起こす自己免疫疾患であり,根治療法のない難治性疾患である.MSの動物モデルである実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)では,糖転移酵素によって合成される糖鎖が結合した糖脂質やプロテオグリカン(PG)が病態に関与している.複合型糖脂質のGM2/GD2合成酵素が欠損するとEAEの発症が遅延する.複合型糖脂質は活性Tリンパ球の血液脳関門透過やミエリンへの接着などに影響を及ぼしている可能性がある.PGのコンドロイチン硫酸(CS)とケラタン硫酸はEAEの病態を促進するが,6位硫酸化されたCSはEAEの病態を抑制する.また,糖転移酵素の分子多型とMSの病態との関連性が報告されている.これらの知見から糖転移酵素はMSをはじめとする神経免疫疾患の病態に関与しており,新たな治療標的になる可能性がある.

This page was created on 2017-08-25T14:23:04.469+09:00
This page was last modified on 2017-10-17T13:54:57.780+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。