生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 89(5): 719-730 (2017)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2017.890719

総説Review

多様な染色体ダイナミクスのmodulator kinase, Cdc7Cdc7:A modulator kinase that regulates various chromosome dynamics

東京都医学総合研究所・ゲノム医科学研究分野・ゲノム動態プロジェクトDepartment of Genome Medicine, Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science ◇ 〒156–8506 東京都世田谷区上北沢2–1–6 ◇ 2–1–6 Kamikitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 156–8506, Japan

発行日:2017年10月25日Published: October 25, 2017
HTMLPDFEPUB3

Cdc7はHartwellにより出芽酵母の細胞周期進行変異体(cell division cycle:cdc)の責任遺伝子として初めて同定された.Cdc7は酵母からヒトまで進化的に保存されるセリン・トレオニンキナーゼをコードする.複製開始においては,Cdc7は複製装置のDNA鎖巻き戻しを触媒する複製ヘリカーゼの中心因子Mcmをリン酸化し,複製開始複合体の形成を促す.一方Cdc7は複製以外の多くの過程(減数分裂期組換え,細胞分裂,修復,ヒストン,クロマチン制御,神経変性疾患など)に関わる因子をリン酸化することが続々と明らかになっており,種々のタンパク質の活性を調整するmodulator kinaseであることがわかってきた.本稿ではこれまでに明らかになっているmodulator kinaseとしてのCdc7の構造と機能についてまとめる.

This page was created on 2017-09-06T14:38:04.289+09:00
This page was last modified on 2017-10-17T14:03:55.33+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。