生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(1): 35-42 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900035

特集Special Review

エンドソームの機能破綻に起因する疾患とその発症メカニズムRecycling endosome and its related diseases

東京大学大学院薬学系研究科疾患細胞生物学講座Pathological Cell Biology Laboratory, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo ◇ 〒113–0033 東京都文京区本郷7–3–1 ◇ 7–3–1, Hongo Bunkyo-ku, Tokyo 113–0033

発行日:2018年2月25日Published: February 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

細胞膜によって形成されるクラスリン小胞やファゴソームなどを通じて,細胞が細胞外物質を取り込む営みをエンドサイトーシスと呼ぶ.ロシアの細菌学者Elie Metchnikoffが,エンドサイトーシスによって取り込まれた細胞外物質が細胞内で分解されることを発見してから100年以上が経過した.現在では,細胞内に取り込まれた物質は分解されるだけでなく,エンドソームと呼ばれるオルガネラを通じて,細胞膜やゴルジ体にも輸送されることが明らかになっている.この物流システムの破綻は,がん,アルツハイマー病,免疫疾患など多様な疾患の原因となっていることから,エンドサイトーシス経路の分子レベルでの理解は重要である.本稿では,物質のリサイクルを中心に行うリサイクリングエンドソームに特に焦点をあて,その最新の知見を紹介する.

This page was created on 2018-01-10T17:14:28.054+09:00
This page was last modified on 2018-02-19T16:02:01.69+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。