生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(1): 43-50 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900043

特集Special Review

分裂酵母のオルガネラの特徴と分子制御メカニズムCharacteristics and molecular control mechanisms of organelle in fission yeast

香川大学農学部応用生物科学科Department of Applied Biological Science, Faculty of Agriculture, Kagawa University ◇ 〒761–0795 香川県木田郡三木町池戸2393 ◇ 2393 Ikenobe, Miki-cho, Kita-gun, Kagawa 761–0795, Japan

発行日:2018年2月25日Published: February 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

分裂酵母には,他の酵母では解析できないようなヒトに保存されている遺伝子が存在し,単細胞生物ではあるが,独創的な実験系を確立できる楽しみがある.オルガネラの中では,この特徴がゴルジ体にも表れており,層板の発達した構造と,そこを足場として働くタンパク質が連関するように存在する.ゴルジ体の主要な機能である糖鎖修飾でも,哺乳動物細胞にみられるガラクトース鎖修飾系が備わっている.また,ゴルジ体膜で機能するロンボイドプロテアーゼは,その基質として分解している膜タンパク質が他の酵母では解析できない,ステロール生合成に関わるゴルジ体膜結合型転写因子である.本稿では,いくつかの分子メカニズムを通じて,分裂酵母のオルガネラの特徴と派生する現象からみえてくる機能を紹介する.

This page was created on 2018-01-10T17:35:47.863+09:00
This page was last modified on 2018-02-19T16:03:45.635+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。