生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(2): 147-157 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900147

総説Review

調節性翻訳アレストペプチドによる細胞機能の制御Regulation of cellular functions by regulatory arrest peptides

京都産業大学総合生命科学部生命システム学科,京都産業大学タンパク質動態研究所Faculty of Life Sciences, Institute for Protein Dynamics, Kyoto Sangyo University ◇ 〒603–8555 京都市北区上賀茂本山 ◇ Kamigamo Motoyama, Kita-ku, Kyoto-shi, Kyoto 603–8555, Japan

発行日:2018年4月25日Published: April 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

近年,翻訳の途上で自身の伸長を一時停止(アレスト)させ,その状態で細胞の機能調節に関わるアレストペプチドが次々と見いだされている.翻訳アレストペプチドの発見をきっかけとし,現在,翻訳途上鎖が主役を演じる生命現象に着目した研究,いわば,翻訳途上鎖のバイオロジー(nascent chain biology)ともいうべき研究分野が生まれつつある.このような新たな視点での研究が,セントラルドグマに基づく形質発現プロセスの進行においていまだ隠されていた新たな原理や概念を浮き彫りにし,さらには,タンパク質の生合成に関する他の関連研究分野にインパクトを与えてきた.本稿では,これまでに見いだされた代表的なアレストペプチドを紹介し,その研究がもたらした生物学上の新たな概念や,関連研究分野へのインパクトについて論ずる.

This page was created on 2018-03-07T13:20:32.259+09:00
This page was last modified on 2018-04-16T13:40:29.51+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。