生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(3): 263-271 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900263

特集Special Review

生体金属動態の構造ダイナミクスStructural dynamics of biometal and metalloproteins

兵庫県立大大学院生命理学研究科University of Hyogo, Graduate School of Life Science ◇ 〒678–1297 兵庫県赤穂郡上郡町光都3–2–1 ◇ 3–2–1 Kouto, Kamigori, Ako, Hyogo 678–1297, Japan

発行日:2018年6月25日Published: June 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

鉄を活性中心に持つ脱窒菌の一酸化窒素還元酵素NORは,脱窒反応の中間物質として産生される細胞毒性の高い一酸化窒素NOを無毒化する.亜硝酸還元酵素NiRが産生するNOを細胞内に拡散させることなく消去するために,NORはNiRと複合体を形成していることを見いだした.また,NORのNO消去反応の分子機構解明の手法を紹介する.さらに,細菌,特に病原菌が持つ,ヒトへの感染増殖に必須の鉄獲得系を紹介するとともに,その中で重要な機能を果たしているヘム取り込みポンプの分子構造と分子機構を紹介する.このような研究を通して,生体内の鉄の動態(運搬,感知,貯蔵,活用など)を,分子から細胞のレベルにわたって理解する研究への展望を述べる.

This page was created on 2018-05-15T11:28:37.625+09:00
This page was last modified on 2018-06-18T09:24:46.18+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。