生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(3): 279-289 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900279

特集Special Review

黄色ブドウ球菌の鉄取り込み機構IsdシステムHeme-acquisition in Staphylococcus aureus by the iron-regulated surface determinant (Isd) system

1東京大学大学院工学系研究科School of Engineering, The University of Tokyo ◇ 〒113–8656 東京都文京区本郷7–3–1 ◇ 7–3–1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113–8656, Japan

2東京大学医科学研究所Institute of Medical Science, The University of Tokyo ◇ 〒108–8639 東京都港区白金台4–6–1 ◇ 4–6–1 Shirokanedai, Minato-ku, Tokyo 108–8639, Japan

3九州大学大学院薬学研究院Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University ◇ 〒812–8582 福岡市東区馬出3–1–1 ◇ 3–1–1 Maidashi, Higashi-ku, Fukuoka 812–8582, Japan

発行日:2018年6月25日Published: June 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

黄色ブドウ球菌が持つ鉄取り込み機構Isd系は,きわめて微弱な相互作用を利用する絶妙なタンパク質−タンパク質間認識,複数の担体によるヘムの細胞壁中でのリレー輸送,新規なヘム結合環境,そして新規な化学作用を有する異化酵素など,数多くの興味深い特性を包含している一連のタンパク質群によって担われる.本稿ではIsdシステムの構造・物性解析に関する報告から明らかになった,Isdおよび他の同族体のヘム輸送系に関する分子機構をまとめ,本系を治療標的とする可能性等,今後の展開を議論したい.

This page was created on 2018-05-22T15:02:51.581+09:00
This page was last modified on 2018-06-18T09:28:23.571+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。