生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(3): 328-332 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900328

特集Special Review

コンディショナルプロテオミクスによる亜鉛周辺タンパク質のプロファイリングA conditional proteomics approach to profile proteins under zinc-rich environments

京都大学工学研究科合成・生物化学専攻Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University ◇ 〒615–8510 京都市西京区京都大学桂 ◇ Katsura, Nishikyo-ku, Kyoto 615–8510, Japan

発行日:2018年6月25日Published: June 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

亜鉛イオン(Zn2+)は細胞内外でシグナル伝達物質として働き,動的に局所濃度が変化する.このようなZn2+の生理機能をより詳細に理解するためには,細胞内においてZn2+の近傍に存在するタンパク質を網羅的に解析することが重要である.ごく最近,筆者らはZn2+によって活性化されるタンパク質修飾試薬を開発し,これを用いたZn2+コンディショナルプロテオミクス法を確立した.この方法を用いて,グリオーマ細胞における一酸化窒素(NO)依存的なZn2+の時空間的な変動と,それに伴うZn2+の近傍に存在するタンパク質のダイナミクスを明らかにした.さらに,同定されたタンパク質を詳細に解析することで,NO刺激によって生じるZn2+-richベシクルの正体がゴルジ体と小胞体との間を行き来する中間ベシクルであることを初めて実証した.

This page was created on 2018-05-09T10:31:17.878+09:00
This page was last modified on 2018-06-18T09:37:58.709+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。