生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(3): 333-339 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900333

特集Special Review

エクト型亜鉛酵素の亜鉛獲得による活性化機構Activation mechanism of zinc-requiring ectoenzymes by zinc acquisition

京都大学大学院生命科学研究科Graduate School of Biostudies, Kyoto University ◇ 〒606–8502 京都市左京区北白川追分町 ◇ Kitashirakawa-Oiwake-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606–8502, Japan

発行日:2018年6月25日Published: June 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

in silicoプロテオーム解析から,全タンパク質の10%程度に相当する約3000種類のタンパク質は亜鉛結合モチーフを持つと試算されている.その中には活性中心として亜鉛を有する酵素が数多く存在しており,亜鉛の多様な生理機能はこれら酵素の活性と密接に関わると考えられる.このような亜鉛を活性中心に持つ亜鉛酵素には,小胞体で生合成され,ゴルジ体において修飾を受けた後,細胞表面や細胞外で機能を発揮するエクト型亜鉛酵素が多数存在しており,疾患の発症や生命活動に関わる重要な酵素がいくつも含まれている.これらの事実から,筆者らは生体内におけるエクト型亜鉛酵素の活性調節機構を理解することが重要であると考え,研究を進めてきた.本稿では,特にエクト型亜鉛酵素の亜鉛トランスポーターによる活性化機構に焦点を当て,最新の研究成果とともに紹介する.

This page was created on 2018-05-09T13:43:43.002+09:00
This page was last modified on 2018-06-18T09:39:03.99+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。