生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(3): 361-370 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900361

総説Review

RNAを介した自然免疫制御RNA-mediated mechanisms to regulate viral infection and gene expression in the innate immune system

京都大学ウイルス・再生医科学研究所Laboratory of Infection and Prevention, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University ◇ 〒606–8507 京都市左京区聖護院川原町53 ◇ 53 Shogoin Kawara-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606–8507, Japan

発行日:2018年6月25日Published: June 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

自然免疫においてRNAは,病原体センサーによる認識の標的として重要であるとともに,炎症性サイトカインなどをコードする中間体として機能し,その量をコントロールすることで炎症を制御している.近年,Toll様受容体やRIG-I様受容体などのウイルスRNA認識受容体による抗ウイルス自然免疫応答のメカニズムが解明されてきた.また,免疫制御におけるサイトカインmRNA安定性は,Regnase-1をはじめとしたRNA結合タンパク質により特異的に制御され,過剰な炎症,自然免疫応答の抑制にとって重要であることが明らかとなってきた.このように,RNA結合タンパク質は,自然免疫応答をさまざまなステップで制御しており,これらの機能を解明することは,自然免疫応答を包括的に理解する上で重要である.

This page was created on 2018-05-15T14:09:20.091+09:00
This page was last modified on 2018-06-18T09:43:54.729+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。