生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(5): 565-573 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900565

特集Special Review

2型スフィンゴシン1-リン酸受容体S1P2の病態生理機能Pathophysiological role of type 2 sphingosine-1-phosphate-specific receptor S1P2

金沢大学医薬保健研究域医学系血管分子生理学分野Department of Physiology, Kanazawa University School of Medicine ◇ 〒920–8640 石川県金沢市宝町13–1 ◇ 13–1 Takara-machi, Kanazawa, Ishikawa 920–8640, Japan

発行日:2018年10月25日Published: October 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

脂質メディエータースフィンゴシン1-リン酸(S1P)は,5種のS1P特異的Gタンパク質共役型受容体S1P1~S1P5を介して作用する.このうちS1P2は多くの臓器の血管内皮と血管平滑筋,単球・マクロファージやリンパ球などの白血球,一部の臓器の上皮,神経細胞などに発現している.S1P2の主要なシグナル伝達経路はG12/13-Rhoであり,Rhoの下流でRacの抑制およびAkt抑制を引き起こし細胞の遊走や増殖などを負に調節する.S1P2はこれらの作用を介して,血管においてはバリア機能破綻の阻止,血管形成の抑制,血管トーヌス維持,動脈硬化促進,白血球に対してはリンパ組織におけるリンパ球の局在化,増殖抑制およびリンパ腫の発症抑制,神経系においてはてんかんの抑制,内耳機能の維持などの役割を持つ.

This page was created on 2018-08-24T15:25:27.214+09:00
This page was last modified on 2018-10-17T13:31:33.217+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。