生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(5): 596-608 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900596

特集Special Review

Non-EDG型LPA受容体生化学,立体構造,生理機能Non-EDG family LPA receptors: Biochemistry, structure and physiological function

1秋田大学大学院医学系研究科生体防御学講座Department of Immunology, Akita University Graduate School of Medicine ◇ 〒010‒8543 秋田市本道1‒1‒1 ◇ 1‒1‒1 Hondo, Akita, Akita 010‒8543, Japan

2Vascular Biology Program, Boston Children’s Hospital, Harvard Medical SchoolVascular Biology Program, Boston Children’s Hospital, Harvard Medical School ◇ 300 Longwood Ave., Boston, MA 02115 ◇ 300 Longwood Ave., Boston, MA 02115

発行日:2018年10月25日Published: October 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

リゾホスファチジン酸(LPA)は多彩な生理作用を発揮する脂質メディエーターである.LPAの作用は,endothelial differentiation gene(EDG)型受容体ファミリーに属する3種類のGタンパク質共役型受容体LPA1~LPA3によって媒介されると当初は考えられていた.しかし,筆者らによる第四のLPA受容体(LPA4)の発見が契機となって,一次配列相同性の高い2種類のLPA受容体(LPA5およびLPA6)が次々と同定された.EDG型LPA受容体とは相同性の低いLPA4~LPA6は,新規LPA受容体ファミリー(Non-EDG型LPA受容体ファミリー)を構成する.各Non-EDG型LPA受容体について,生化学的な性状解析が精力的に進められてきており,LPA6では立体構造も最近解明された.また,ノックアウトマウスの解析を中心として各受容体特有の生理機能も徐々に明らかになっている.

This page was created on 2018-09-03T17:37:44.372+09:00
This page was last modified on 2018-10-17T13:42:18.315+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。