生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(5): 637-642 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900637

特集Special Review

神経回路の構築を制御するリゾリン脂質メディエーターLysophospholipid mediators controlling neuronal circuit formation

1理化学研究所脳神経科学研究センターRIKEN Center for Brain Science ◇ 〒351–0198 埼玉県和光市広沢2–1 ◇ 2–1 Hirosawa, Wako, Saitama 351–0198, Japan

2順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所Institute for Environmental and Gender Specific Medicine, Juntendo University, Graduate school of Medicine ◇ 〒279–0021 千葉県浦安市富岡2–1–1 ◇ 2–1–1 Tomioka Urayasu-shi, Chiba 279–0021, Japan

発行日:2018年10月25日Published: October 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

複雑な神経回路を構築・再編するためには,神経細胞から伸びる軸索を標的へ誘導するためのガイダンス機構の多様性が求められる.遺伝子がコードする限られた数のタンパク質のみでは軸索ガイダンスの多様性を生み出すことは不可能であり,脳脊髄に豊富に存在する脂質の関与が想定されている.筆者らは,発生段階の脊髄の特定部位に限局して未分化グリア細胞が放出する軸索ガイダンス分子リゾホスファチジルグルコシドを同定し,このリゾリン脂質が神経軸索に発現するGタンパク質共役型受容体GPR55を介して神経回路の構築を制御することを発見した.本稿では,リゾホスファチジルグルコシドの特徴的な分子構造と生合成経路からGPR55依存的な生物活性に至る最近の知見を紹介し,神経生物学分野におけるリゾリン脂質研究の展望を概説する.

This page was created on 2018-08-31T14:37:06.35+09:00
This page was last modified on 2018-10-17T13:49:31.432+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。