生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(5): 643-650 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900643

特集Special Review

ヒト疾患におけるリゾリン脂質メディエーターInvolvement of lysophospholipid mediator in the pathogenesis of human diseases

東京大学大学院医学系研究科病態診断医学講座Department of Clinical Laboratory Medicine, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo ◇ 〒113–8655 東京都文京区本郷7–3–1 ◇ 7–3–1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113–8655, Japan

発行日:2018年10月25日Published: October 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

スフィンゴシン1-リン酸(S1P),リゾホスファチジン酸(LPA)に代表されるリゾリン脂質メディエーターは,主に基礎研究よりさまざまな疾患病態における重要性が提議されてきたが,それらの研究成果を創薬に展開するためには,ヒト臨床検体を用いて実際のヒトにおける疾患病態への関与を明らかにすることが必須である.近年,質量分析計の進歩・普及により,リゾリン脂質メディエーターの測定が可能になったことから,ヒト臨床検体を用いた研究も増えてきているが,リゾリン脂質を正確に測定するためには,サンプリングなどの検体の取り扱いにおいて細心の注意が必要である.また,LPAの産生酵素であるオートタキシンやS1Pの運搬体であるアポタンパク質Mの発見は,ヒト臨床におけるリゾリン脂質メディエーターの役割の解明に大いに寄与している.実際に,がん,動脈硬化性疾患,脳・神経疾患,腎疾患,肝疾患,代謝性疾患などさまざまな分野の疾患においてリゾリン脂質メディエーターの関与がヒト臨床研究から証明されつつある.

This page was created on 2018-09-04T11:25:49.093+09:00
This page was last modified on 2018-10-17T13:51:01.864+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。