生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(5): 683-689 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900683

総説Review

フェレットを用いた大脳の脳回形成の分子機構解析Molecular investigation of cortical folding using ferrets

金沢大学医学系脳神経医学分野Department of Medical Neuroscience, Graduate School of Medical Sciences, Kanazawa University ◇ 〒920–8640 石川県金沢市宝町13–1 ◇ Takara-machi 13–1, Kanazawa, Ishikawa 920–8640, Japan

発行日:2018年10月25日Published: October 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

大脳皮質の脳回は脳高機能化に重要だと考えられており,その形成機構が注目されているが,マウスの大脳皮質に脳回が存在しないことから従来解析が困難だった.そこで我々は脳回を持つ哺乳動物フェレットに着目して研究を進めてきた.子宮内エレクトロポレーション法を応用し,フェレット大脳皮質への遺伝子導入技術を確立した.さらにCRISPR/Cas9を組み合わせフェレット大脳皮質での遺伝子ノックアウトを可能とした.これらの技術を用いて,これまで解析が困難だった脳回形成の分子機構およびその異常による疾患病態の解明を進めている.本稿ではフェレットを用いた研究結果を中心に,大脳皮質の脳回形成メカニズムについて最近の知見を概説する.

This page was created on 2018-08-31T16:29:37.677+09:00
This page was last modified on 2018-10-17T13:59:07.129+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。