生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 90(6): 766-780 (2018)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2018.900766

総説Review

繊毛内タンパク質輸送装置の構築様式と機能Architecture and function of the intraflagellar transport machinery

京都大学大学院薬学研究科生体情報制御学分野Department of Physiological Chemistry, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University ◇ 〒606–8501 京都市左京区吉田下阿達町46–29 ◇ 46–29 Yoshida-Shimoadachi-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606–8501, Japan

発行日:2018年12月25日Published: December 25, 2018
HTMLPDFEPUB3

ヒトのほとんどの細胞には一次繊毛という細胞膜から突出したオルガネラが存在する.そこにはさまざまな受容体やイオンチャネルが局在し,外部からのシグナルを感知する細胞のアンテナとして機能する.繊毛内へ受容体などを運んでいるのは,繊毛内タンパク質輸送(intraflagellar transport:IFT)装置と呼ばれる巨大なタンパク質複合体である.IFT装置は三つのタンパク質複合体(IFT-A複合体,IFT-B複合体,BBSome複合体)と二つのモータータンパク質(キネシン2とダイニン2複合体)を含み,全部で40種類以上のサブユニットによって構成されている.本稿では筆者らが「観るだけでわかるタンパク質間相互作用解析法(VIPアッセイ)」と改良型CRISPR-Cas9法を用いて明らかにしたIFT装置の構築様式と各複合体のサブユニットの機能について紹介する.

This page was created on 2018-11-09T13:51:05.643+09:00
This page was last modified on 2018-12-13T17:55:31.732+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。