生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 91(1): 17-23 (2019)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2019.910017

特集Special Review

分枝鎖アミノ酸による制御性T細胞の維持Branched-Chain Amino-Acid-Dependent Maintenance of Regulatory T Cells

1大阪大学大学院医学系研究科感染症・免疫学講座免疫制御学Laboratory of Immune Regulation, Department of Microbiology and Immunology, Graduate School of Medicine, Osaka University ◇ 〒565–0871 大阪府吹田市山田丘2–2 ◇ Yamada-oka, Suita, Osaka 565–0871, Japan

2東京大学大学院医学系研究科社会連携講座糖尿病・生活習慣病予防講座 ◇ 〒113–8655 東京都文京区本郷7–3–1 ◇ Department of Prevention of Diabetes and Lifestyle-Related Diseases, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo

発行日:2019年2月25日Published: February 25, 2019
HTMLPDFEPUB3

Foxp3陽性の制御性T細胞(Treg)は過剰な免疫応答を抑制するT細胞のサブセットであり,さまざまな自己免疫疾患との関連が示されている.Tregは生体内で高い増殖能を示すが,その機序については不明な点が多い.Tregは周囲の栄養環境から強く影響を受けることが知られており,また,過去の研究でグルタミンやロイシンをはじめとするアミノ酸がmTOR(mammalian target of rapamycin)経路を介してT細胞の分化に関与していることが示されているが,分化した後のTregとの関わりは不明であった.今回筆者らは,アミノ酸トランスポーターSLC3A2を介して取り込まれた分枝鎖アミノ酸,特にイソロイシンがmTOR経路のシグナルを活性化させることにより,生体内でのTregの増殖能および免疫抑制能を制御していることを明らかにした.

This page was created on 2018-12-20T17:35:02.538+09:00
This page was last modified on 2019-02-08T09:50:31.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。