生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 91(1): 38-43 (2019)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2019.910038

特集Special Review

ワールブルグ効果について,PKMノックインモデルを通してもう一度見つめなおすRevising the Warburg effect in cancer: Lessons from a PKM knock-in model

宮城県立がんセンター研究所がん薬物療法研究部Division of Cancer Chemotherapy, Miyagi Cancer Center Research Institute ◇ 〒981–1293 名取市愛島塩手字野田山47–1 ◇ 47–1 Noda-yama, Medeshima-shiode, Natori, Miyagi 981–1293

発行日:2019年2月25日Published: February 25, 2019
HTMLPDFEPUB3

ワールブルグ効果は,がん代謝の象徴ともいえる現象であるが,その意義はよくわかっていない.人によって定義がまちまちだったり誤解が多いという問題も,長い歴史のゆえかもしれない.今回,この代謝形質と密接に関連する解糖系酵素PKMの新たな遺伝子改変マウスモデルを用いた解析から,予想外のことがみえてきた.たとえば,ワールブルグ効果が,腫瘍細胞にとって,むしろ代謝上のハンデとなっている可能性が浮上してきた.実際,一部の高悪性肺がんでは,PKMの発現アイソフォームがアンチワールブルグ効果型になっており,この分子が新たな治療標的となりうる可能性も出てきた.

This page was created on 2018-12-21T16:51:27.157+09:00
This page was last modified on 2019-02-06T16:36:16.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。