生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 91(1): 58-64 (2019)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2019.910058

特集Special Review

希少糖アルロースによる過食・肥満・糖尿病の改善:GLP-1と求心性迷走神経の役割Rare sugar D-Allulose ameliorates hyperphagia, obesity and diabetes: role of GLP-1 and vagal afferent

1関西電力医学研究所統合生理学研究センター統合生理学研究部Director, Center for Integrative Physiology, Kansai Electric Power Medical Research Institute ◇ 650–0047 神戸市中央区港島南町1–5–6 神戸バイオテクノロジー・人材育成研究センター3F ◇ Kobe Biotechnology Research and Hume Resource Development Center 3F 1–5–6 Minatojimaminamimachi, Chuou-ku, Kobe 650–0047, Japan

2神戸大学大学院医学研究科システム生理学 ◇ 650–0017 神戸市中央区楠町7–5–1 ◇ Kusunokicho 7–5–1, Chuou-ku, Kobe 650–0017, Japan

3京都府立大学大学院生命環境科学研究科動物機能学Graduate School of Life and Environmental Sciences, Kyoto Prefectural University ◇ 606–8522 京都市左京区下鴨半町1–5 ◇ 1–5 Shimogamohangi-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606–8522, Japan

発行日:2019年2月25日Published: February 25, 2019
HTMLPDFEPUB3

希少糖D-アルロース(allulose)は,フルクトースの異性体であり,ゼロカロリー甘味糖である.アルロースは,GLP-1分泌–求心性迷走神経シグナリングを駆動して中枢神経に作用し,摂食抑制と耐糖能向上を引き起こす.高脂肪食肥満マウスにアルロースを連日明期7:30に投与すると,GLP-1を介して,明期特異的な過食(摂食リズム障害)を改善し,肥満・耐糖能不全を改善する.アルロースは1日の特定の時間に投与したときに限って効果が現れる,いわゆる時間治療効果を示す.砂糖や果糖(フルクトース)の過剰摂取は肥満や糖尿病を誘導するが,これをアルロースで代替することにより,肥満・糖尿病への安定な食事療法の提供が期待される.

This page was created on 2018-12-25T11:01:30.329+09:00
This page was last modified on 2019-02-08T09:56:57.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。