生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 91(3): 316-321 (2019)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2019.910316

特集Special Review

両生類由来抗菌ペプチドのD-アミノ酸の機能Function of D-amino acid containing antimicrobial peptide derived from frog

1横浜国立大学大学院工学府機能発現工学専攻Grad. Sch. Eng., Yokohama Natl. Univ. ◇ 〒240–8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79–5 ◇ 79–5 Tokiwadai, Hodogaya-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 240–8501, Japan

2横浜国立大学大学院理工学府化学・生命系理工学専攻Grad. Sch. Eng. Sci., Yokohama Natl. Univ. ◇ 〒240–8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79–5 ◇ 79–5 Tokiwadai, Hodogaya-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 240–8501, Japan

3モンゴル国立大学応用工学科Sch. Eng. Applied Sci., Natl. Univ. Mongolia ◇ Ulaanbaatar, Mongolia ◇ Ulaanbaatar, Mongolia

4愛媛大学大学院理工学研究科Grad. Sch. Sci. Eng., Ehime Univ. ◇ 〒790–8577 愛媛県松山市文京町2–5 ◇ 2–5 Bunkyo-cho, Matsuyama-shi, Ehime 790–8577, Japan

発行日:2019年6月25日Published: June 25, 2019
HTMLPDFEPUB3

両生類であるカエルの皮膚分泌物からD-アミノ酸を残基として有するペプチドが多数発見されている.それらには強い鎮痛作用をもたらすデルモルフィンを代表とするオピオイドペプチドや,高い抗菌活性を持つカチオン性のペプチドが多数含まれている.D-アミノ酸の存在によって活性が増強される点は興味深く,受容体との特異的な結合や細菌の細胞膜との相互作用においてD-アミノ酸の立体化学的な役割が注目されている.本稿では,このようなカエル由来のD-アミノ酸残基を持つペプチドを示すとともに,抗菌ペプチドの活性とペプチド分子構造に関する最新の研究について紹介する.

This page was created on 2019-04-25T14:57:32.531+09:00
This page was last modified on 2019-06-04T14:35:47.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。