生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 92(1): 7-13 (2020)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2020.920007

特集Special Review

ユビキチン鎖の鎖長に依存した物性と分解Chain-length dependent physical properties and degradation of ubiquitin chains

1京都大学大学院工学研究科分子工学専攻Department of Molecular Engineering, Graduate School of Engineering, Kyoto University ◇ 〒615–8510 京都府京都市西京区京都大学桂 ◇ Kyoto University Katsura, Nishikyo-ku, Kyoto, 615–8510, Japan

2量子科学技術研究開発機構量子生命科学領域領域研究統括Scientific Director General, Institute for Quantum Life Science, National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology ◇ 〒263–8555 千葉県稲毛区穴川4–9–1 ◇ 4–9–1 Anagawa, Inage-ku, Chiba, 263–8555, Japan

発行日:2020年2月25日Published: February 25, 2020
HTMLPDFEPUB3

ユビキチン修飾の最大の特徴は鎖を形成することである.細胞内ではさまざまな種類,さまざまな長さの鎖が存在するが,長い鎖の生物学的意義はよくわかっていない.鎖の長さの謎に迫るべく,本研究は長さの異なるポリユビキチン鎖の物性を調べたところ,ポリユビキチン鎖は鎖長依存的に構造不安定化し,アミロイド線維形成能を獲得することがわかった.また,細胞内においても鎖長依存的な凝集体形成を観察でき,形成される凝集体は蓄積し続けるのではなく,選択的オートファジーにより分解されることがわかった.したがって,長いポリユビキチン鎖は単なるユビキチン合成酵素の過剰反応物ではなく,凝集体形成能を獲得した分解誘導因子である可能性がある.

This page was created on 2019-12-24T10:52:16.195+09:00
This page was last modified on 2020-02-07T11:20:42.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。