生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 92(1): 14-19 (2020)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2020.920014

特集Special Review

細胞内のユビキチン鎖長解析A novel method to determine the chain length of the polyubiquitinated proteins

東京都医学総合研究所蛋白質代謝研究室Laboratory of Protein Metabolism, Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science ◇ 〒156–0506 東京都世田谷区上北沢2–1–6 ◇ 2–1–6 Kamikitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 156–8506, Japan

発行日:2020年2月25日Published: February 25, 2020
HTMLPDFEPUB3

ユビキチンシグナルは,多種多様な構造を持つユビキチン修飾が特定のデコーダー分子に認識されることにより情報が伝達されると考えられている.ユビキチン修飾の構造は,ユビキチン鎖の「種類」,「長さ」,「複雑さ」「翻訳後修飾」の四つの要素により決定されるが,これらの要素を正確に解析する手法は完全には確立されておらず,ユビキチンシグナル発動の機構は未解明な点が多い.特に,複雑なユビキチン鎖を持つ生物試料からユビキチン鎖の鎖長情報を取得する方法は存在せず,重要な要素の一つであると想定されるユビキチン鎖の「長さ」についてはほどんど議論されてこなかった.本稿では,細胞内におけるユビキチン鎖の「長さ」とその制御機構について我々の知見とともに紹介したい.

This page was created on 2019-12-24T11:36:09.339+09:00
This page was last modified on 2020-02-10T17:41:48.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。