生化学 SEIKAGAKU
Journal of Japanese Biochemical Society

Online ISSN: 2189-0544 Print ISSN: 0037-1017
公益社団法人日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-16 石川ビル3階 Ishikawa Building 3F, 5-25-26 Hongo, Bunkyo-ku Tokyo 113-0033, Japan
Journal of Japanese Biochemical Society 92(1): 20-27 (2020)
doi:10.14952/SEIKAGAKU.2020.920020

特集Special Review

直鎖状ユビキチン鎖を生成するLUBACリガーゼの構造,機能,T細胞機能制御LUBAC, the E3 ligase complex generating linear polyubiquitin chains

京都大学大学院医学研究科細胞機能制御学教室Department of Molecular and Cellular Physiology, Graduate School of Medicine, Kyoto University ◇ 〒606–8501 京都府京都市左京区吉田近衛町 ◇ Yoshida-konoe-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606–8501, Japan

発行日:2020年2月25日Published: February 25, 2020
HTMLPDFEPUB3

ユビキチン内の七つのLys残基いずれかを介してユビキチンどうしが連結する典型的ポリユビキチン鎖とは異なり,直鎖状ユビキチン鎖はN末端Met残基とC末端Gly残基を介して結合する特殊な立体構造を有するポリユビキチン鎖である.直鎖状ユビキチン鎖は,細胞内全ポリユビキチン鎖量の0.1%ほどの存在にもかかわらず,生存や増殖,炎症反応に重要な転写因子NF-κBシグナルの活性化や,腫瘍壊死因子α(TNFα)などの刺激依存的な細胞死制御に必須の役割を果たし,細胞および個体の恒常性維持を可能にする.直鎖状ユビキチン鎖を特異的に生成するE3リガーゼ複合体LUBACは特にリンパ球内で高発現しており,その機能解明が待たれている.本稿では,LUBACに関連するこれまでの知見に加え,筆者らが最近報告した自己炎症制御におけるTリンパ球内のLUBAC機能の重要性についても解説する.

This page was created on 2019-12-24T14:00:53.523+09:00
This page was last modified on 2020-02-12T10:44:18.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。